シングルマザーが住宅を購入することで得られるメリット!場合によっては月々の支払いが減るケースも

世の中には親世帯と同居しているシングルマザーもいますが、賃貸アパートやマンションに住んでいるというケースが圧倒的に多いと言えます。

シングルマザーーの家庭は経済的に困窮しているケースが多く、「住宅を購入する」という発想自体がそもそもないということもあるかもしれません。

しかし、例え年収が低かったとしても住宅ローンを組める可能性は十分にありますし、非正規雇用であったとしても場合によっては住宅ローンを組むことは可能なのです。

住宅ローンを組み家を購入することで、現在の暮らしも豊かにして、将来への安心度を高めることができるのです。

この記事では、そんな「シングルマザーが住宅を購入することで得られるメリット」について解説していきたいと思います。

目次

シングルマザーが家を購入することで得られるメリット

賃貸アパートやマンション、公営住宅などで暮らしているシングルマザーが住宅(もしくは分譲マンション)を購入すると、以下のようなメリットを得ることができるようになります。

将来の安心感が大幅にUPする

住宅ローンの場合、賃貸とは違い改築などを行えば長く住み続けることができるということでもあります。

そして、住宅ローンの契約の際は基本的に「団信(団体信用生命保険)」に加入するので、母親にもしものことがあっても住宅ローンの支払いが免除されます。

子供の将来を考えた時に、非常に大きな安心感を得られるというのは、メリットと言えるでしょう。

住宅ローンの方が賃貸の家賃よりも安くなる場合がある

住んでいる地域や建物によって金額に違いはありますが、賃貸アパートやマンションだと月に5万円~8万円程度の支払いをしているという人が多いかもしれません。

しかし、住宅ローンの場合は、ローン年数や住宅の金額などによっては月に4万円~6万円程度で済むことが多いので、住宅を購入することで毎月の家計が楽になるかもしれません。

もちろん固定資産税の支払いや家のメンテナンス費用も多少なり必要となりますが、それでも支払額が減る可能性は高いと言えます。

月に1万円でも支払金額が減れば、生活への負担はかなり軽減されるはずです。

資産を持つことができる

賃貸アパートやマンション、公営住宅などでは、もちろん資産として扱うことができないので信用情報的にもあまり高くありません。

将来教育ローンなどを借りる場合などに、住宅という資産価値のあるものを所有しているというだけで有利に進めることができたりするものです。

賃貸物件などよりも広々としたスペースで暮らせる

住宅や分譲マンションを購入した場合、多くの場合賃貸アパートやマンション、公営住宅よりも広い面積となるでしょう。

子供は日々成長し、体も大きくなっていきます。

スペースが広いことでストレスなく毎日を過ごすことが可能となり、幸福度もそれまでより高くしていくことができるはずです。

収入や雇用形態に限らず、住宅ローンを組むことが可能なケースがある

仕事や家事育児など、日々の暮らしで余裕のない状態が続くと、どうしても将来のことを考える余裕がなくなってしまうものです。

しかし、賃貸住宅ではなく住宅を購入(もしくは分譲マンションを購入)すると、前述したようないくつかの大きなメリットを得ることができるので、積極的に検討してみるべきでしょう。

「でもわたしは非正規雇用だから」

「シングルマザーというだけで審査に落ちるのでは?」

「年収も高くないし」

このような思いから、住宅購入という選択肢を除外してしまっている人がいますが、それはチャンスを逃している可能性があります。

  • 住宅ローンで性別を審査項目に含めている金融機関は少ない
  • 住宅ローンでは健康状態を重視するので、健康に働けているということが大きなメリットとなる
  • 年齢が若い人ほど完済時の年齢が下がるので、審査が通りやすくなる
  • 不動産を所有することで児童扶養手当などが減額されることもない
  • パートアルバイトでも住宅ローンが組める金融機関もある(ネット銀行など)
  • 勤続年数が長ければ住宅ローンの審査が通る可能性も高まる

このように、シングルマザーであっても住宅を購入することは十分に可能ですし、現状無理であっても、勤続年数や収入を増やしていくことで近い将来住宅を持てる可能性は十分にあると考えられます。

「シングルマザーだから」「収入が低いから」「非正規雇用だから」といった固定観念を一度捨てて考えてみる必要があると言えるでしょう。

まとめ

今回は、「シングルマザーが住宅を購入することで得られるメリット」について解説してきました。

  • 将来の安心感が大幅にUPする
  • 住宅ローンの方が賃貸の家賃よりも安くなる場合がある
  • 資産を持つことができる
  • 賃貸物件などよりも広々としたスペースで暮らせる

シングルマザーが住宅や分譲マンションを購入することで、これらのメリットを得られるようになります。

「そういえば日々の生活にいっぱいいっぱいで将来のことが考えられていなかったな」と思ったならば、ぜひ住宅の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!

このブログを運営している人

30代前半。小学生の娘と2人暮らしのシングルマザー。
元夫の多重債務が発覚し、任意整理を経験して、元夫と共にブラックリスト入り。
その後、元夫のモラハラ・不倫を経て離婚。
現在は借金地獄から解放され、娘と2人、毎日HAPPYに過ごしながらお役立ち情報を発信しています(o^^o)
自己紹介記事はコチラ▶▶【運営者情報】HAPPYシングルライフゆーかの自己紹介

コメント

コメントする

目次
閉じる