【赤字30万円】2020年度の家計計画を立ててみました

家計簿公開
スポンサーリンク

こんにちは。ゆーか(@yuuuuuka9221)です。

2020年度が始まって4ヵ月。家計からの借金返済が今月から始まります。

まだ弁護士さんに任意整理の依頼をしたばかりで、債権者との和解はしていないので、今後の返済額はまだ未定です。

しばらくは、弁護士事務所へ毎月3~4万円支払います。

ゆーか
ゆーか

弁護士費用の分割支払いと、支払い能力の有無のチェックを兼ねているようです!

今までは夫がこっそり必死に支払っていたお金なので、家計からはノータッチ。

つまり、わたしからすると、今月からいきなり3~4万円の支出が増えるという感覚です。

ただでさえ、貯金力の低い家計・・・そんな支出増に対応することは簡単ではありません。

それでも、支払わなければいけないお金なので、大好きなエクセル家計簿を利用して、2020年度の収支予想を立ててみました。

全体像はこちら。確定は黒、予定額はグレーで書いてあります。

ゆーか
ゆーか

予定額は、昨年度の金額をベースにだした数字です♪

詳細は、このあとの記事に書きますが、収支予想は30万円超えの赤字!!!!

見直しポイントはたくさんあると思いますが、現段階の我が家の家計を赤裸々に公開していきます。

スポンサーリンク

世帯収入(手取り):498万円

4月~6月は実績を反映して、7月以降は昨年度の金額をベースに予想した数字です。

  • 夫:月24万円+ボーナスなし
  • 妻:月15万円+ボーナス6万円×2回
  • 手当:児童手当(今年はコロナの関係で+1万円)
  • その他:主にpaypayのキャッシュバック分

わたしの給料からは、車のローン、自動車保険、生命保険、医療保険、財形貯蓄などたくさん天引きされていて、手取りがとても少ないです。

ボーナスからは10万円以上ひかれています。

夫婦共に税込み年収は350万円ほど。

夫は、見込み残業代こみなので、残業してもお給料は全くかわりません。(あえて言うなら社長の気分で激しく上下します)

わたしの収入は残業ゼロで計算しているので、残業をすれば収入は上がります。

わたしは男だらけの設計業務をしているので、残業しようと思えばいくらでもあります・・・いちお子持ち母なので、残業の強制はされませんが。

ゆーか
ゆーか

世帯年収を増やすとなると、夫が副業をするか、わたしが残業or副業をするか・・・娘に負担はかけたくないなぁ。

固定費:297万円

4月~6月は実績を反映して、7月以降は昨年度の金額をベースに予想した数字です。

ガソリン代:年間38,000円

我が家は車1台のみでわたしが往復30kmの通勤に利用しています。

その車もPHEV=プラグインハイブリッドなので、電気でもガソリンでも走れる車です。

主に電気で走っているので、ガソリン代はとても安いです。

車の充電代は月平均1500円程度なので、ガソリン代と充電代を合計して考えても安いです。

ま・・・本体代がめちゃくちゃ高かったんです。年間44万円も車ローンを支払っています。自動車保険も年間7万円超え。

(全てわたしの給料から天引きされているので家計簿上にはでてきません)

通信費:年間244,000円

夫婦のスマホ(ワイモバイル)+インターネット代(ソフトバンク光)です。

月平均2万円は、一般的にみると高いのだと思うけど、以前は夫(ソフトバンク)3万円、妻(au)1万円も支払っていたので、ワイモバイルに変更してから、かなり安くなった方です!

でも、まだまだ見直し必須だな~。

2人とも本体代を払っているので、2万円のうち5,000円は本体代です。

そして最近気づいたのだけど、任意整理をすると、今後はスマホ本体代すらローン組めないんじゃ・・・?

ゆーか
ゆーか

そ、れはそれで、かなり健全な家計に近づく良い機会かな。うん。そう思おう!!!

ウォーターサーバー:年間47,000円

ウォーターサーバーは、マイホーム購入時から契約をしています。

とても便利で大活躍しているんですが、お金がない今、ここは節約ポイントなんですよね。悩ましい。。

3年契約で、今2年半くらいなので、3年経過時点を目途に解約も視野にいれないといけないなと思っています。

なくても大丈夫だけど、あると便利!の代表格ですね~。

課金その他:年間88,000円

ここも節約ポイントです。

HULU:月1,026円、youtube:月1,550円が家族で利用している分で、あとは夫の課金分:月約5,000円です。

夫分の内容は分からないので、ちゃんと利用している分なのか、解約忘れなのかは確認してみる必要がありますね。

ペット医療費積立・積立投資信託

この2つは、もともと、「貯金」としてカウントしていたんですが、今回から「固定費」にカウントすることにしました。

なぜなら、夫にも家計簿を公開することにしたためです。

ゆーか
ゆーか

ただでさえ少ない貯金額ですが、さらに少なく見えるようにして、夫に気を引き締めてもらいますよ!

家計簿をごまかして、載せない。とする手もありますが、嘘はつきたくない。

そんなこんなで、見た目をごまかすことにしました。笑

よく見たらわかる話ですが、「貯金」にあるのと「固定費」にあるのでは、気持ちが全然違うと思います。

生活費(やりくり費):130万円

我が家の大問題の生活費(やりくり費)の内訳公開です。

生活費の項目分けは、2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログを運営しているあきさんの記事を参考にしています。

あきさんは、無料の家計診断や、有料のライフプラン作成などをされていて、どちらも利用経験があります。そして書籍も2冊持っています。

無料の家計相談は2度ほど利用したことがありますが、あれから状況もかなり変わってきたので、また依頼したいなーと考えています。

全体的に高いのは確実なのですが、食費が何よりも高いです。自覚あり。

これでも92万円→88万円→85万円と年々ちょっとずつですが減ってきているので、今後も引き続き改善していきます。

特別費:59万円

特別費は、毎年計画を立てているんですが、未だにうまく管理しきれていない項目です。

今年度もまだうまく計画を立てることができていないので、今後もう少し計画を作り込んでいきたいと考えています。

ひとまず、こんな表に書き出して計画を立てています。

4月~7月は現時点での実績を記入。それ以降はざっくりとした計画です。

返済:33.2万円/貯金:9.9万円

借金返済:年間332,000円

4月5万円、6月1.2万円を返済にまわしていて、7月以降は毎月3万円で計画を立てています。

本来なら毎月4万円返済ができるように改善していきたいのですが、ひとまずコンスタントに3万円の返済が可能な家計にするのが目標です。

貯金:年間99,000円

我が家の今年度の貯金予定額です。

4~6月はまともに出来ていなかったのですが、7月以降は毎月最低1万円はキープしていきたいと思っています。

現在小学5年生の娘の中学入学準備費用も貯めておかないといけませんからね~。

ちゃんとしないと。。。

支出合計:528万円

収入498万円に対して、支出が528万円・・・30万円の赤字家計です。

ゆーか
ゆーか

借金返済分を除いても、貯金含めて13万円の黒字なので、どちらにしても家計改善必須な家計なんです~。

30万円の赤字ということは、ざっくりと、

  • 夫:10万円の副業収入をGET
  • 妻:10万円の残業代GET(=約56時間分)
  • 節約:年間10万円の支出減

これでクリアできるな~と考えると、案外なんとかなる気がしています!

そもそも、夫が原因の借金生活なので、夫には10万円と言わず、もっと収入UPしてもらえば、4万円の返済も可能ですよね!

まだまだ細かい見直しプランを立てることはできていませんが、現時点での我が家の家計簿公開でした~!

できることからコツコツですね(o^^o)


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました