【運営者情報】何もない主婦 ゆーか の自己紹介

運営者情報
スポンサーリンク
ゆーか
ゆーか

こんにちは。ブロガーのゆーか(@yuuuuuka9221)です。

当ブログに遊びにきていただき、ありがとうございます!

このブログは、貯金もない、趣味もない、特技もない、なーーーんにもないアラサー主婦 ゆーか の成長を記録していきます。

ゆーかの興味のあること

  • 家計管理のこと
  • 資産管理のこと
  • 借金返済のこと
  • ペットのこと
  • 家族のこと
  • 手帳術、ノート術のこと
  • 副業のこと
  • 英語の勉強のこと
  • ダイエットのこと
  • ファッションのこと

得意といえることはありませんが、こんなことに興味があります。

メインテーマはお金に関することになるかと思いますが、わたしの成長記録を通して、同じように「自分には何もない」と思っている方の励みになるようなブログにしていきます(o^^o)

スポンサーリンク

今までの経歴

ゆーか
ゆーか

わたしの子供時代から今までのざっくりとした経歴を紹介するよ。

幼少期:貧乏ながら、甘やかされて育つ

わたしの実家は決して裕福な家庭ではありませんでした。

父は大工。母はパートor内職。兄は3歳上。の4人家族。

ペットは、ハムスター各種、カラージャービル、リス、猫などなど常にたくさんの動物に囲まれて暮らしていました。

おうちは古かったけど、貯金もなかったけど(たぶん)、みじめな気持ちになったことはなく、愛情たっぷりに育ててもらいました。

ゆーか
ゆーか

豪華なホテルに泊まったことはないけど、車中泊で日本各地たくさん旅行に連れて行ってもらったよ。

高校時代:家から近いというだけで選んだ高校はがっつり進学校

「時間かけて通学するのがめんどくさい!」と子供の頃からズボラだったわたしは、家からの距離だけで高校を決めました。

そして、その近かった高校が、進学校だったのです。

兄は高卒で働いていましたが、進学校を選んだわたしは「大学進学」という道しかありませんでした。

貧乏な家庭だという意識はあったため、大学進学を子供ながらに悩んだ記憶がありますが、わたしの両親は、わたしが進む道を応援してくれました。

塾に行ってないのはわたしくらいでしたが、家庭の事情を考えると塾に行きたいとは言えませんでした。

手厚い進学校だったため、朝は0時間目から、夜も8時間目まで授業?講習?があったため、塾に行かなくても受験勉強はなんとかなりました。

大学は、学費を考えると国立一択。滑り止めの大学も受けませんでした。

地元の国立大学は偏差値が高かったので、隣県の国立大学を選択し、推薦で合格することができました。

今、思い返してみると、この頃からお金のことばかり気にしていましたね。

ゆーか
ゆーか

それでも両親の愛情はたくさん受けたので、本当に感謝しかありません。

大学時代:とにかく寝る時間以外ずっと忙しかった

貧乏ながらに、県外で一人暮らしを許してくれた両親に、これ以上、お金の心配はさせたくない!と誓った18歳の春。

一人暮らしの準備と学費以外のお金は、奨学金を借りて、ひとりでやりくりすることを誓いました。

奨学金月10万円とバイト代で、家賃含む生活費+大学の高額な教科書+部活代をやりくりしていました。

自動車学校代も、卒業式のはかま代も、就活代もすべて自力で貯めました。

わたしの在籍していた学科は、大学で1番厳しいことで有名で、4割は留年すると言われていました。

でも、学費のことを考えると留年はできないので、暇さえあれば大学にこもって友人と勉強をしていました。

忙しい学科にも関わらず、忙しい部活に入部してしまったわたし。笑

そして生活費を稼ぐためにも、バイトもしなければ・・・!!!

そんなこんなで、寝る時間以外、本当に忙しく、常に走り続けていた大学4年間。

ゆーか
ゆーか

大学時代もお金のことばかり気にしていたなー。笑

20歳:現在の夫と出会う

わたしのバイト先に、あとから入ってきて出会ったのが現在の夫。

出会って1年後の21歳のときにお付き合いが始まりました。

とにかくバタバタ忙しく走り回っていたわたしの生活に合わせてくれていましたね。

夫がいたこと。就活にそこまでお金をかけられなかったこともあって、大学のある地で、そのまま就活をして、現在の会社に就職しました。

ゆーか
ゆーか

流れに身を任せてきた地ですが、とてもとても住みやすい適度な田舎で、永住を決めた今も、後悔は何ひとつありません。

社会人1年目:結婚・妊娠・出産。ドタバタな毎日のはじまり

4月:新入社員研修。妊娠発覚。

6月:新入社員研修おわり。入籍(夫19歳、わたし22歳)

8月:引っ越し。

9月:正式配属。産休。

10月:出産

12月:産休から復職。娘は生後2ヵ月で保育園。

夫は中卒フリーターでしたが、結婚後は、出会ったバイト先で昇格して、店長をしていました。

ツッコミどころ満載の経歴です。いろいろあったし、いろいろ言われた時期。

現在:社会人12年目

子供時代からのことを、こうやって時系列で書いたのは初めてなので、自分でもとても新鮮でした。

こうやって振り返ってみると、高校時代から毎日が本当に忙しくて、ドタバタと走り回っていました。

特に、大学時代が本当に忙しく、自分のプライベートな時間のない生活をずっとしていたため、産後2ヵ月で仕事復帰したあとのバタバタは、そこまで辛くなかったです。

「フルタイムママは大変」「ワンオペは大変」と世の中で言われていますが、そういう世の中の声に共感できないわたしなのです。

ゆーか
ゆーか

趣味もないので、1人時間がほしいと思うこともない変わり者。笑

ブログをはじめたきっかけ

今現在は「わたしの趣味は娘」と言えるくらい娘中心の生活をしています。

欲しいものもない。やりたいこともない。

あえていうなら、娘の欲しいものが欲しいし、娘のやりたいことを一緒にやりたい。

・・・娘が成人したら・・・今以上に何もないわたしだけが残ってしまう!!

娘が成人する頃、わたしは、まだまだ40ちょっと。楽しく、やりがいのある毎日を送りたい。

このブログを通して、何か新しい趣味や、好きなこと、やりたいこと、夢に出会えたらいいなーという思いがあります。

今後チャレンジしたいこといろいろ

チャレンジしたいことは、たくさんあります。

やりたいやりたいと言って、やってないことだらけなんです。

自分のメモも兼ねて、ざーーーーーっと羅列してみようと思います。

  1. 2020年度予算立て
  2. 15年ライフプラン作成
  3. 負債の返済計画をたてる
  4. 通信費の見直し
  5. 保険の見直し
  6. やりくり費の適正化
  7. 太陽光発電システムの情報をまとめる
  8. 銀行口座の棚卸
  9. クレジットカードの棚卸
  10. 自作の終活ノートを作成する
  11. 家事が好きになる方法は?
  12. 料理が好きになる方法は?
  13. ミニマリストに近づくには?
  14. Instagram活用
  15. twitter活用
  16. イラストを描いてもらう
  17. メルカリをはじめる
  18. ポイ活をはじめる
  19. ブログをライフワークに組み込む
  20. 家計の家族会議を定期的に開催する
  21. 副業収入にチャレンジしてみる
  22. エクセルマスターになる
  23. A5自作手帳を作り上げる
  24. 家計のPDCAサイクルを上手に回せるようになる
  25. ダイエット
  26. TOEIC550点
  27. 夫婦でブログ運営をする
  28. 地元に関するブログを立ち上げる
  29. 金のにわとりを買って大事に大事に育てていく
  30. noteって・・・?
  31. 会ってみたい人に会いに行く
  32. 残業をせずに定時帰宅の毎日にする
  33. レシピノート作成
  34. 素敵な図解をかく
  35. パワポ活用する
  36. 自分の好き・得意を見つける
  37. ライティングの勉強

・・・あーー、なんかもっといろいろありそうなのに出てこない!

自分のやりたいことを文字にする行為もとても大切なことです。

もっと自分の心と向き合って、ほかにも何か思いついたら追記していきますね。

3か月後、半年後、1年後・・・少しでも成長した自分に出会えますように。


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました