シングルマザーが辛い・疲れたと感じる理由は?その対処法をご紹介!

ついつい頑張ってしまうシングルマザーは『辛い』や『疲れた』と感じやすいです。

もちろん、子どものために頑張っているシングルマザーはとても素敵ですが、子どもだけでなく、あなたも幸せになれるような選択をしましょう。

そうすることで、あなたと子どもの両方が幸せを感じることが増えるはずです。

この記事では、ついつい頑張ってしまうシングルマザーに向けて、シングルマザーが辛い・疲れたと感じる瞬間と、その対処法についてご紹介していきます。

ゆーか

最近、辛い・疲れたと感じるようになった方は要注意です!!
ぜひ最後まで読んで少しでも辛い・疲れたを無くしてみてください!

目次

シングルマザーが辛い・疲れたと感じる瞬間

シングルマザーが辛い・疲れたと感じる瞬間は下記の5つです。

  1. 仕事と育児の両立が大変
  2. 将来のことを考えると不安
  3. 肝心の育児が疲れて手抜きに
  4. 頼れる人がいなくて辛い
  5. 家族に頼ってばかりで申し訳ない

それぞれについて詳しくみていきましょう。

仕事と育児の両立が大変

子どもとの生活を考えると、ある程度長い時間働く必要はありますが、そうすると子どもとの時間が十分に作れなかったりするなどして両立を難しいと感じるシングルマザーは多いです。

また、あなたが体調を崩してしまったときでも育児は休めないので、そのようなときに辛いと感じてしまうこともあるでしょう。

将来のことを考えると不安

今の収入でもなんとか生活できているけれど、将来のことや老後のことを考えると十分な貯蓄ができておらず不安を感じることも多いはずです。

万が一、自分がケガや病気で働くことができなくなることも考えると、さらに不安は大きくなってしまいます。

肝心の育児が疲れて手抜きに

仕事終わりや休日など、本来であれば子どもとの時間を大切にしたい時でも、疲れから自分の体を休めることを優先してしまう時もあるでしょう。

ただ、それを手抜きだと思う必要はありません。

子どもとのコミュニケーションをとって愛情を注いであげれば、子どもも理解してくれるはずです。

頼れる人がいなくて辛い

頼れる人や気軽に相談できる人が周りにいないと、すべて自分で判断しなくてはいけませんので疲れてしまいます。

また、自分の判断が本当に正しいのかも分からずに辛いと感じてしまうこともあるでしょう。

家族に頼ってばかりで申し訳ない

シングルマザーだとどうしても一人ではできないことも多く、両親に頼ることも多いはずです。

そんなときに、「ほんとは自分がやらなきゃいけないのに…」と思ってしまうと辛いと感じてしまいます。

シングルマザーが辛い・疲れたと感じたときの対処法

シングルマザーが辛い・疲れたと感じたときにオススメの対処法は下記の4つです。

  1. シングルマザーのママ友に愚痴を言う
  2. SNSなどで不満を書き出す
  3. ひとりで背負いすぎない
  4. 無理にでも笑顔でいる

それぞれについて詳しくみていきましょう。

シングルマザーのママ友に愚痴を言う

日ごろの悩みや愚痴をどこかに吐き出すことはストレス発散や気持ちの整理のうえでも非常に大切です。

周りにシングルマザーの友達がいなくても、ネット上であれば同じ悩みを抱えているシングルマザーはたくさんいます。

顔を知らない人の方が言いやすいこともあるでしょうから、積極的に活用するといいでしょう。

SNSなどで不満を書き出す

悩みや愚痴を誰かに話さなくても、SNSやブログなどに文章化するだけでもストレス発散や気持ちの整理につながります。

特に、どうして辛いのか、疲れてしまったのかが分からないのであれば、とにかく現状のことを書き出してみるといいでしょう。

ひとりで背負いすぎない

「子どものことを自分が幸せにしなきゃ」と考えて背負いすぎてしまうと、精神的に疲れてしまいます。

そんな時は、子どもに相談してみましょう。

子どもとはいえ、できることはたくさんありますし、あなたの思っていないような提案をしてくれることもありますよ。

無理にでも笑顔でいる

あなたがいつも辛そうにしていると、子どもとしても心配になって元気がなくなってしまいます。

「辛いときこそ笑顔に!」という言葉があるように、少し無理をしてでも笑顔でいることを心がけましょう。

そうすることで、自然と気持ちも明るくなるはずですよ。

辛い・疲れたの限界が来る前に対処しましょう

今回は、シングルマザーが辛い・疲れたと感じる瞬間と、その対処法についてご紹介していきました。

「私がガマンすれば大丈夫…」と考えるシングルマザーも多いですが、あなたが幸せでないのであれば、子どもも幸せにはなれません。

多少の無理をしなくてはいけないこともありますが、一人で背負いすぎずにできる限りあなたがラクになるような選択をするようにしてみてください。

あなたが幸せを多く感じることができれば、子どもも幸せと感じることは増えるはずです。

参考記事:シングルマザーが幸福に生きていくための考え方

よかったらシェアしてね!

このブログを運営している人

30代後半。中学生の娘と2人暮らしのシングルマザー。
元旦那の多重債務が発覚し、任意整理を経験して、元旦那と共にブラックリスト入り。
その後、元旦那のモラハラ・不倫を経て離婚。
現在は借金地獄から解放され、娘と2人、毎日HAPPYに過ごしながらお役立ち情報を発信しています(o^^o)
自己紹介記事はコチラ▶▶【運営者情報】HAPPYシングルライフゆーかの自己紹介

コメント

コメントする

目次
閉じる